トップ

学校仮病はいけません

学校で仮病は許されるのか

学校は仮病で休めるのか

誰しも学生時代に一度は「仮病を使って休めないかな」と考えたことがあるでしょう。では、実際に仮病を使って休めるのでしょうか。たいてい欠席の連絡は保護者がするようなっている学校が多いです。生徒本人からの連絡では、熱が出たなどのうそをついている可能性も考えられ、事実の確認ができないため保護者からの電話連絡になっています。仮に本人からの欠席連絡でも、教員は必ず保護者に電話をして確認をとるため現実問題は本当に病気やけがをしない限り学校を休むことは難しいシステムになっています。自分の気持ちに負けず登校しましょう。

どうしても休みたいときは仮病

学校などどうしても行きたくないようなときもあるかと思います。そのようなときに綺麗に休む方法に仮病があります。使うときには、気を付けたいことがいくつかあります。まず過剰に演出することは、避けたほうが良いです。風邪などを引いたと報告するときに過剰に演技をするとそれだけで不審がられます。後に後始末が大変なので自然にを心がけましょう。学校などから理由は必ず聞かれますが、積極的に理由を言うのもあまりしないほうが良いです。自分からどんどん理由を言うと怪しさが出てしまうので控えめに聞かれたことだけに答えるようにしましょう。

学校と仮病に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP